地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、宇都宮の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

宇都宮の地域情報サイト「まいぷれ」宇都宮市

ボランティア情報

2012/12/18栃木照る照る坊主の会

~2012年照る照る坊主の会活動報告~

活動理念:「多くの明日を照らしたい!」

2012年度活動実績

<7/16 鹿沼ロハスカフェにて><br>暑い中、多くの方々にご来店して頂き<br>本当にありかとうございました。<br>このようなイベントを開催して欲しいとの声も<br>頂きました。<br>今後とも、多くの明日を照らして行きたい!
<7/16 鹿沼ロハスカフェにて>
暑い中、多くの方々にご来店して頂き
本当にありかとうございました。
このようなイベントを開催して欲しいとの声も
頂きました。
今後とも、多くの明日を照らして行きたい!
3/10 ”みんなの夢をのせて「走れ!仙石線」野蒜駅に集まろう!”に参加、350食の炊き出し
4/22 高根沢元気あっぷ村「さくら祭」に参加
5/12,13 第80回日本プロゴルフ選手権大会「日清カップヌードル杯」(烏山城カントリークラブ)にて二日間で約1080杯を販売!
5/19,20 陸前高田市復興支援イベントin元気あっぷ村
5/20 那須烏山市仮設住宅一周年の集い
6/7 鉄道弘済会札幌南藻園にて、札幌の子供達に最高のラーメンと元気をふるまう。
7/1 とちぎYMCAチャリティーラン
7/8 東北に元気を!!in東松島鷹来の森運動公園
7/16 鹿沼ロハスカフェ「ありがとうラーメン」
9/11 栃木照る照る坊主の会with素敵な仲間達in明治中
10/13
児童養護施設社会法人 下野三楽園 創設100周年記念式典にて200~300杯の炊き出し。
子供たちに最高なラーメンと最高な元気を!
10/20 高根沢たんたん祭り2012
11/3 寺フェスin長泉寺(音楽祭)
御寺を体験する一日にてラーメン(100~150食)の炊き出し
10/20 高根沢たんたん祭り<br>「やるぞ!やるぞ!やるぞ~!」
10/20 高根沢たんたん祭り
「やるぞ!やるぞ!やるぞ~!」
11/10 鹿沼市児童養護施設ネバーランド ネバーランド祭にてラーメンを提供 子供達にプランターと土とお花をプレゼント!
11/16栃木フェイスブック交流会いinオリオンスクエアガーデン
11/24 ベンチで街を変えよう作戦in新・鹿沼宿
11/25 第4回とちぎ まるごと キレイにスッペ 炊き出しブースにてラーメンを提供!
12/02 釜石感謝祭in飛行船
12/7 ゲリライベントin宇都宮動物園
12/16 道の駅芳賀10アニバーサリーラーメンフェスティバル

らー麺藤原家 代表取締役 和知知明さん インタビュー

栃木照る照る坊主の会<br>会長 和知知明さん
栃木照る照る坊主の会
会長 和知知明さん
今年1年を振り返って心から感じた事は、自分ひとりの力じゃなく本当に多くの方々に助けられ、色々な事にチャレンジしながらたくさんの笑顔をつくる活動ができた素晴らしい一年でした。

自分には、何ができるだろうか?と思っている人も多いと思います。
しかし一人ひとりの力小さくても、たくさん集まると大きな力になり、世の中を動かす事ができるのです。
僕は、経験を通して実感しました。
だから、たくさんの人たちに伝えたい!!

“あきらめずに何かやれば、必ず何かが生まれる!
     今日の楽しさは明日への力になり肥やしになる”


被災地では、家を失った方、家族や親戚、友人を亡くされ心に傷を負った方々がいます。
照る照る坊主の会では、さまざまな業種の方が参加して下さり、一人ひとりが持つ力や経験・知識を活かして被災者の皆さんを物心両面から支援しています。
何より、被災地の方々を笑顔にしたいんです!

その為には、活動に参加してくださっている方々が楽しく感じていなければ人を明るく元気にすることなんてできない。

だから、僕たちの活動の条件は、たった1つ。
“その時、その場を楽しむこと”なんです

そもそも皆考え方は、違うのは当たり前です。しかし、一人ひとりが持つ力には大きな可能性があり、これらを最大限に生かしてこそ、大きな道が開けるのです。

“栃木照る照る坊主の会”

和知さん、竹末さんの2人で始まったボランティア活動が原点。
ボランティア活動を行うにあたり、自分たちができる事は何だろう?と考えた。
それは、ラーメン屋で働いているこの経験しかない。
自分たちはラーメンを通して1人でも多くの人たちを楽しく、笑顔にして行きたい!
こうして始まった会も、今では何十人もの同士が集まり、笑顔をつくり続けている。また最も力を入れている活動として、東北北関東大震災で被災した岩手・宮城・福島へ支援である。
震災当初から支援を続け、被災者の方々の心の声を聞いてきた。
しかし、まだまだやるべき事、出来る事がたくさんある。
2013年も東北に笑顔をつくり、走り続けていきたいです。

と話す和知さんからはやる気と情熱と熱い願いが伝わってきた。
被災地に何かしたい・・と思っている方。是非、参加してみませんか?


どんな状況であっても自ら楽しむことができる人であれば法人・個人問わず、参加大歓迎!

活動に参加した方々にインタビュー

僕は、宇都宮市戸祭でラーメン屋をやっています。
ラーメン屋をやっていて感じたのは「ごちそうさま」は皆さん、すごくおっしゃって頂けるのですが
「ありがとう」とはおっしゃってくれない。

こんなふっとした事から参加した支援活動。
しかし、家を流され、家族を失った状況で傷を負っているはずの方々から、たくさんの「ありがとう」を頂いた時、
自分の置かれている状況が幸せである事を感じ、頂いた「ありがとう」の一言はとても重く、
この“たくさんの「ありがとう」”に恩返しをしていきたいと思っています。

ちょこっと紹介

2012年を皆で振り返った栃木照る照る坊主の会・忘年会にいらっしゃった斎藤さん。
大工さんをやりながら、活動に参加をしている。赤い顔で胸筋を動かしながら、おちゃめな優しい笑顔で、これからの意気込みを語ってくれました。

自分に出来る事は、長年続けてきた大工で培った技術。
これを活かしてこれからも被災地の方々を支援して行きたい。
■栃木照る照る坊主の会■

いつも素敵な活動を行っている照る照る坊主さんの最新情報はfacebookでCheck!

栃木照る照る坊主の会facebook

栃木さくら11実行委員会